スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演技について(触りのみ)

今日は演技について。


演技って何?

漠然としてません?

具体的に演技とは何か、検証しましょう。



そもそも喋れれば出切るかといえば、それは無理!!
ここを勘違いして業界に入ってくる勘違い君は多い。
(僕もそう^^)

何が違うかといえば、言葉に感動が無ければならないんです。
感動とは人の心を動かすこと。
だからお客様は劇場に足を運んでくださる。
つまり、

言葉で人を動かすのが演技。

mrt0811141654001-p8.jpg
この動かすではない・・・インリンがんばれ!


感動を与えるのは生きた言葉だ!
言葉が生きるためには、自分がそこに生きなければならない。
例えば人に何か品物を勧めるとき、本気でその物を知らなければ説得力が無い。
それでは人はその品物に興味が無くなる。
最悪です。
その時だけでも、その品物を本気で好きになる。
これが大事!!
すると、饒舌に活き活き語れてしまう。
すると相手は、貴方の言葉ではなくて、表情・声・身振り・テンポなどから
貴方の本気を感じ取る、話の内容ではなく貴方を見てるんです。
そこには感動が生まれます!

貴方は今
「そんなの(品物に対しての)思い込みでホントじゃないジャン!!」
って思ってません?


良いんです^^
善意でなく仕事なら。
営業やセールスの方が本気で言ってると思います?
本気で言ってるのは宗教やネットワークビジネスの方だけです。
彼らは本気だから怖い!!
こっちとの距離感や温度差を感じられないんです。
だから、対話ではなく一方的で怖いんです。

コミミュケーションで大切なのは
感じること!
20060107_100408.jpg
これも意味が違う・・・

相手を感じ、自分を感じ、空間を感じる。感じるためには客観性が必要です。
客観性は距離感を生み、安心感を与えます。
ここがプロのセールスやプロの役者と素人の差です。
(つまり役者にはセールスの才能があるって言うか似た仕事)
でもマニュアルどおりの接客では感動がありません。
ファーストフードの「ポテトなど一緒にいかが・・・」など、彼女たちの言葉には感動がありません。
僕の顔色や空気を感じてない、つまり本気で勧めたいと思ってないからです。
さきにも本気の怖さは言いましたが、ここでの本気は思い込むことです。

つまり伝えるということは
感じることと、思い込むこと。

長くなりました、明日に続きます。
明日は「感じること、思い込むことと演技の関係」です。

応援お願いします!!

logo1.gif ←集団HPはこちらです。

人気ブログランキングへ

My Yahoo!に追加
左上の一括応援もお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

共感

思い込む事、本気を伝える、むちゃくちゃ共感しました
自分は物を売る仕事をしていますが、役者さんと共通点があるなんて、
興味深い話でした☆
感動!!
プロフィール
詳しくは写真をクリック!
FC2カウンター
スカウター
DRAGON BALL 11 (ジャンプ・コミックス)

このブログの戦闘力

0

「ウーロン」
クラスです。

by ブログ戦闘力チェッカー

おきてがみ
過去の記事写真
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロガー推奨!

ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

ジオターゲティング
過去ログ
カテゴリー
ランキングタグ
クリックオン
無料・レンタル・掲示板 FC2動画
FC2PIYO 
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。